澄み渡った空気を紺色に染めながら、山間の町は少しずつ暮れ始める。一つ、また一つと、人の営みが灯り出す。太陽の下、緑の中にこだましていた子供たちのはじゃぐ声もすっかり静まり、濃密な時間だけがゆっくりと流れていく。金山町へ旅しませんか。記憶に残るひととき、こころに刻まれる季節の情景が待っています。

「金山町フォトコンテスト」

Contents

  • イベントカレンダー2012
  • バードの愛した金山町
  • 金山町フォトコンテスト2011