山形県金山町

弾道ミサイル落下時の行動について

○ 弾道ミサイル等は、発射から短い時間で着弾する可能性があります。

○ ミサイルが日本上空を通過したり、落下する可能性がある場合に、「Jアラート」で、特別なサイレン音とともにメッセージが流れるほか、緊急速報メールで情報をお知らせしております。メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】

○ できるだけ窓から離れ、窓のない部屋へ移動してください。

【屋内にいる場合】

○ 屋内に戻るか、近くにある建物や地下に避難してください。

○ 近くに建物がない場合は、車から離れ、地面に伏せ頭部を守ってください。

【車を運転している場合】

○ 車を止め、近くの建物や地下に避難してください。

○ 近くに建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守ってください。

【児童・生徒が登下校中の場合】

○ 児童・生徒に近くの建物に避難するよう呼びかけてください。

※ テレビ、ラジオ、インターネットなどの情報を良くお聴きください。また、国などの指示に従って、落ち着いて行動してください。

●詳細については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)をご覧ください。

弾道ミサイル落下時の行動について

災害ハザードマップについて

 ハザードマップは、土砂災害や浸水・洪水などの災害発生時に、住民が安全に避難できるよう被害の予測区域や程度、避難場所を示した地図です。

 日ごろから、家族や地域で避難方法などについて話し合い、いざという際に備えるとともに、災害の発生または危険がある場合には速やかに避難するようにしましょう。

ハザードマップはこちらから

〇 金山地域

〇 有屋地域

〇 中田地域

〇 東郷地域

〇 西郷地域

〇 指定避難所・避難場所一覧

〇 災害に関する情報

お問い合わせは 町民税務課 くらし安全係(0233-52-2111 内線246)まで

最上川中流における洪水浸水想定区域について

 国土交通省では、「水防災意識社会 再構築ビジョン」に基づき、減災の取組を進めているところです。

 減災の取組の一環として、避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、最上川水系において、想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域や家屋倒壊氾濫想定区域を公表しました。

金山川 洪水浸水想定区域図(想定最大規模)

金山川 洪水浸水想定区域図(計画規模)

金山川 洪水浸水想定区域図(浸水継続時間)

最上川中流全体の洪水浸水想定区域や家屋倒壊等氾濫想定区域については、新庄河川事務所ホームページをご覧ください。

災害時の避難所・避難場所について

災害が発生した場合の、避難所・避難場所一覧はこちら

金山町避難所一覧.pdf

金山町避難場所一覧.pdf

金山町の土砂災害危険個所図等

 土石流、地すべり、急傾斜地の崩壊など、土砂災害のほとんどは、長雨や大雨が引き金となって起こります。

 山形県では、これまでにも効果的な土砂災害対策を実施するため継続的に危険個所等の調査を実施し、その結果を土砂災害危険個所として広く公開しています。(

 まさかの事態に備え、家のまわりの危険箇所を確認し、日頃から災害に備えましょう。

◎ 山形県内の土砂災害警戒区域等位置図

 土砂災害危険箇所を基本対象として、土砂災害を受けるおそれのある区域の地形・土地利用状況などの調査を行います。この調査は一般的に『基礎調査』と呼ばれます。危険箇所抽出時には1/25,000の地形図を用いていましたが、この基礎調査では1/2,500の地形図を基に調査をするため、危険度をさらに詳細に判定することができます。また、危険度判定の基準も詳細に定められており、その基準に当てはまる区域を『土砂災害警戒区域』又は『土砂災害特別警戒区域』として県知事が指定します。

  • ◆土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)

    土砂災害が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域

  • ◆土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)

    「土砂災害警戒区域」のうち、建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれのある区域

 土砂災害警戒区域等の指定状況(金山町).pdf

  • 山形日和 金山人メッセージ
  • 森と町と人のミュージアム
  • 年間行事カレンダー
  • ふるさと納税
  • スイート
  • 金山町フォトコンテスト
  • 神室スキー場
  • 金山町の旅のおともに「パンフ&マップ」ダウンロードサービス

町政に関するご意見 メール
  • 今日:
  • 昨日: