手当・助成

出産育児一時金

手当・助成

被保険者及びその被扶養者が出産したときに、加入している医療保険へ申請すると、1児につき42万円が支給されます。

◎産科医療保障制度に加入していない医療機関で出産の場合は40万4千円
◎支給対象となる出産とは「妊娠4ヶ月以上経過した場合の分娩」のことで、
 4ヶ月(妊娠85日経過以降)経過後の早産・死産・人工流産も出産に含まれます。
◎出産費用が、一時金の支給額を超える範囲内出会った場合は、差額が支給されます。
 反対に、一時金の支給額を超える場合は、その超えた金額を医療機関等に支払います。

出産一時金の直接支払制度について

出産一時金を医療機関等における出産費用に充てることができるよう、加入している医療保険から医療機関に対して直接支払う制度のことです。この制度は、医療機関等へまとめて支払う出産費用の負担軽減を図ることを目的にしています。なお、この制度を利用する場合は、出産を予定している医療機関等への被保険者証を提示し、退院するまでの間に「直接支払制度の利用に合意する文書」の内容に同意していただく必要があります。詳しくは出産を予定されている医療機関等へお尋ねください。


赤ちゃんが生まれたら