赤ちゃんができたら

母子健康手帳の交付

手続き・制度

出生届けや健診等の時に必要にとなる母子健康手帳の交付を行い、あわせて健康相談を行っています。

交付日

第1,3水曜日  ※4月、5月は第2・4水曜日
午前9時~11時まで

場所

農村環境改善センター 相談室

内容

・母子手帳交付
・妊婦さんの健康相談
(毎月最初の相談日は開業助産師に相談できます。)

母子手帳交付時に必要なもの

  • 妊娠届出書
  • 認印
  • 個人番号(マイナンバー)が確認できるもの

赤ちゃんができたら 

妊婦健康診断

医療・健康

妊婦さんが健康で穏やかな妊娠生活を過ごし、安心して出産いただくために、
妊婦健診費用を町が負担しています。

健診回数

14回

町負担額

1回目10,000円
2〜14回目5,000円
HTLV-1検査2,290円
性器クラミジア検査2,100円
子宮頸がん検診3,400円
超音波検査(特定)1回目5,300円
超音波検査(特定)2~4回目4,770円

赤ちゃんができたら 

風しん抗体検査・予防接種費用助成事業

手当・助成

妊娠中に風しんにかかると、赤ちゃんが目や耳、心臓に障害を持って生まれてくる「先天性風しん症候群」になる可能性があります。妊婦健診で医師から「風しんの抗体が少ない」と言われたら、妊婦さんは産後に風しんの予防接種を受けましょう。妊娠中は家族が風しんを家庭に持ち込まないように、旦那さんや家族に風しんの抗体検査を受けてもらいましょう。町では26~51歳の方(※)は無料で抗体検査が受けられ、予防接種の費用も半額助成があります。
※予防接種履歴を確認する必要があります。


赤ちゃんができたら 

マタニティ教室

遊び・イベント

金山町の「マタニティ教室」は、年4回、助産師によるお話や簡単な体操、プレパパの妊婦体験、保健師による妊娠中の健康管理、管理栄養士の食事のお話などを行っています。
医療機関でも、同様の取り組みは行われているようですが、出産後は町の赤ちゃんの成長を見守る一人として、また、新米ママ・パパが子育てに悩んだときの相談相手として、町の保健師・栄養士との関わりが深くなっていきます。
参加のお知らせが届いたら、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

開催日時

令和2年度 5月30日・8月29日・11月28日・2月20日(R3)
※すべて土曜日です
時間 10:00〜12:00

詳しくは、金山町HP「マタニティ教室」をご覧ください。

開催場所

子育て支援センター(町体育センター向い)

申込み

金山町健康福祉課 健康係(0233-52-2111)


赤ちゃんができたら