山形県金山町

空間放射線測定結果について

最新の測定結果は以下のとおりとなります。
 
※測定値の単位はµ㏜/h(マイクロシーベルト)で、1時間当たりの値を示しています。
測定機器:シンチレーション式サーベイメータ
 
【 6月21日(木) 】
市町村名      金山町 新庄市 山形市 米沢市
測定時刻 8:45
モニタリングポストで24時間観測
 
測定値は午前8時現在の値
天  候
測定場所 金山小グランド
地 上 高 0.5m 1.0m
0.042
 
(0.037)
0.045

(0.045)
0.052

(0.059)
 
測 定 値
 
(前日)
 
 
欠測
 
(欠測)
 
 
欠測
 
(欠測)
 
 
 
 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
◇モニタリングポスト設置箇所
  ・新庄市:山形県最上総合支庁(新庄市金沢字大道上2034)
  ・山形市:山形県衛生研究所(山形市十日町1-6-6)
  ・米沢市:山形県置賜総合支庁(米沢市金池7-1-50)
   ほか、県内23ヶ所
 
上記の放射線量を24時間1年間浴びると仮定した場合でも、一般市民が1年間に浴びても良いとされている上限の「1ミリシーベルト」を超えません。
 
 
 
 
【参考】衛生研究所のモニタリングポストの過去(H7~H21)の
観測値の変動幅は0.025~0.082µ㏜/hです。
 
※年に4回(5月、7月、10月、12月)に小中学校の放射線量を測定して公表します。 
測 定
場 所
金山中
金山小
旧中田小
有屋小
明安小
山形
米沢
新庄
地上高
0.5m
1m
0.5m
1m
0.5m
1m
0.5m
1m
0.5m
1m
 
モニタリングポスト
 
時刻・
天候
15:15晴れ 15:30晴れ
13:55晴れ
14:15晴れ
14:35晴れ
8:00現在
5
24
(木)
 
0.04
0.05
0.05
0.06
0.05
0.06
0.06
0.06
0.05
0.06
0.044
0.051
0.038

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 年4回(5、7、10、12月)測定予定
放射線測定結果についてお問い合わせは環境整備課環境下水道係へ
TEL0233-52-2111 内線280 メールはここをクリック

山形県のPM2.5(微小粒子状物質)の注意喚起について

平成30年6月21 本日、PM2.5の注意喚起は行っておりません。

PM2.5とは?山形県で作成したPM2.5チラシ(pdf

山形県のPM2.5(微小粒子状物質)に関する情報(山形県ホームページ)

 

山形県のPM2.5に関する情報は、下記のQRコードでパソコン・スマートフォン及びi-mode端末でもご覧いただけます。

パソコン・スマートフォン用QRコード

QRcode(スマートフォン用).gifのサムネール画像

 

 

 

i-mode用QRコード

QRcode(携帯電話用).gif

 

 

 

現在の山形県の大気汚染物質の測定値は下記のリンクでご覧になれます。

山形県大気環境 http://www.yamagatapref-taikikanshi.jp/taiki/index.html

山形県では、県内13箇所でPM2.5の測定を行っており、県のホームページで1時間毎の測定値を見ることができます。
(新庄最上管内の観測地点は新庄市下田8-1)

これまでの状況を見ると、日平均値70μg/㎥を超える値は観測されていません。

【注意喚起】
①注意喚起は、次の2段階で行います。

ア「午前中の早めの時間帯での判断」

 午前5時から7時までの1時間値の平均値(以下「3時間平均値」という)85μg/㎥を超えた場合、午前7時30分を目処に行います。

イ 「午後からの活動に備えた判断」

 午前5時から12時までの1時間値の平均値(以下「8時間平均値」という)80μg/㎥を超えた場合、午後0時30分を目処に行います。

②PM2.5は県内8地域毎に測定していますので、注意喚起は地域毎に行います。
③注意喚起は、翌日午前0時で自動終了します。ただし、午後5時までに1時間値が2時間連続して50μg/㎥以下に改善された場合は、注意喚起を解除します。
④注意喚起又は注意喚起の解除は、県のホームページで行うと同時に、市町村、報道機関及び関係機関に通知されます。

【注意喚起時の行動の目安等】
①不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動は、できるだけ減らしてください。
②屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にするなどにより、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくし、その吸入を減らすことに留意してください。
③外出する際は、マスクの着用をおすすめします。なお、医療用や産業用の高性能な防じんマスクがより効果的です。
④呼吸器系や循環器系の疾患がある方、小児、高齢者は特に注意してください。

【高感受性者の方へ】
 呼吸器系や循環器系の疾患のある方、小児、高齢者の方は、日平均70μg/㎥以下の場合でも、健康への影響が見られる可能性があるため、体調の変化に注意する必要があります。
 日ごろからPM2.5の1時間値に留意するとともに、休調変化などには、かかりつけのお医者さんに相談されることをおすすめします。

お問い合せ先:金山町環境整備課環境下水道係 TEL0233-52-2111

メールアドレス: kankyougesui@town.kaneyama.yamagata.jp

街なか町営住宅の入居者を募集します!

街なか町営住宅の入居者を募集します。詳しくは各要項をご覧ください。

◎問い合わせ 役場環境整備課(管理係)Tel.52-2111

要項(街なか町営住宅 大柳C棟)
要項(街なか町営住宅内町H棟)


1.様式第1号

2.申込書記入例

3.公金収納状況確認書

4.公金収納状況確認添書

確約書及び婚約証明書

給与支払(見込)証明書

野焼き・不法投棄警戒情報

~不法投棄と違法焼却は犯罪です!!~

金山町と金山町衛生組合連合会では定期的なパトロールの実施と不法投棄されたゴミの回収を行うだけではなく、野焼きや不法投棄した人を調査し特定に努めています。(悪質な場合は警察に被害届を出し、罰金30万円が科せられたケースがあります)

この記事では不法投棄などの発見情報を随時掲載していきます。

H30不法投棄発見箇所.pdf(5/11現在)

不法投棄や違法焼却(野焼き)を発見したら下記にお知らせください。

最上総合支庁保健福祉部 環境課 29-1283
新庄警察署 金山駐在所 52-2922
金山町役場環境整備課 環境下水道係 52-2111
各地区の衛生組合長さん
 
 
【野焼き・不法投棄されたゴミの写真】
 
IMG_20180507_144619985_HDR.jpg
H30.5.7外沢地内(冷蔵庫)
 
IMG_20180507_144901922.jpg
H30.5.7外沢地内(サロンヒーター)
 
20180403野焼き.jpgのサムネール画像
H30.4.3南沢地内

金山町橋梁長寿命化修繕計画及び金山町町道橋の定期点検・診断結果の公表について

○金山町橋梁の長寿命化修繕計画について

 金山町が管理する町道橋のうち、2m以上の永久橋(コンクリート構造や鋼構造の橋)は85橋あります。永久橋とはいうものの金山町の橋梁については架設後30~40年を経過した橋梁が多くを占め、このまま推移すると今後20年のうちに半数以上の橋梁が寿命を迎えることになります。そのため従来の対症療法的な修繕を続けていくと、補修コストは年々増加し修繕が追い付かず20年後には膨大な架け替え費用が必要になると考えられます。こうした事態を防ぐため、従来の対症療法的修繕から予防保全的修繕へとシフトすることで損傷の甚大化を未然に防ぐことにより施設の長寿命化を促し、かつ補修・架替え工事を計画的に行うことでそれらに掛かる費用の縮減・平準化を図りつつ、地域の道路網の安全性・信頼性を確保することを目的として平成24年6月に「金山町橋梁長寿命化修繕計画」を策定しました。(当時は5m以上の橋梁のみ策定)

  金山町橋梁の長寿命化修繕計画.pdf 

 

○金山町町道橋の定期点検・診断結果について

 

 【定期点検の概要】

 

 平成26年3月に 「道路法施行規則の一部を改正する省令」が公布されました。これにより橋梁などについて、国が定める統一的な基準により「5年に一度の近接目視による定期点検」を実施することが義務付けられました。

 【橋梁点検の実績・予定】

 金山町が管理する町道橋85橋について、平成27年度から近接目視による定期点検を進めています。

 橋梁点検の実績・予定(平成30年度は予定数値)

管理橋梁数

平成27年度

平成28年度

平成29年度

平成30年度

85橋

4橋

36橋

28橋

17橋

※平成31年以降も5年に一度、繰り返し点検を行うことになります。

 【橋梁診断の概要と結果】

 橋梁点検の結果を基に、各橋梁の健全性を判定する作業を橋梁診断といいます。判定区分につきましては下記のとおりです。

橋梁診断における判定区分

区分

状態

Ⅰa

健全

構造物の機能に支障が生じておらず、措置の必要がない状態。

Ⅰb

構造物の機能に支障が生じておらず、当面措置は必要ないが、状況に応じて措置を講ずる必要もありうる状態。

予防保全段階

構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。

早期措置段階

構造物の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずるべき状態。

緊急措置段階

構造物の機能に支障が生じている、または生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

 ※これまでに点検が完了した町道橋の診断結果などにつきましては、下記のとおりです。

  金山町町道橋の定期点検・診断結果について.pdf 

 【橋梁の修繕について】

 平成24年6月に策定した「金山町橋梁の長寿命化修繕計画」について、上記の点検・診断結果をもとに平成31年度以降随時修正し、結果が反映された計画により施設の適正な維持修繕等へと繋げていきます。

  • 山形日和 金山人メッセージ
  • 森と町と人のミュージアム
  • 年間行事カレンダー
  • ふるさと納税
  • スイート
  • 金山町フォトコンテスト
  • 神室スキー場
  • 金山町の旅のおともに「パンフ&マップ」ダウンロードサービス

町政に関するご意見 メール
  • 今日:
  • 昨日: